ニックネーム 如月翔悟(paidon)
ホームタウン
自己紹介 初めまして、「如月翔悟」と申します。現在のすべての「作品」は、今までの「作品」をすべて丁寧に見直して、十分に読み応えのある最新の「作品」に仕上げたものであり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
 さて、本の紹介としては、令和2年4月25日現在では、まず、最新の「ガリバー旅行記」をはじめ、「アラビアンナイト&フランダースの犬」、「日本昔話の世界」、「グリム童話の世界」、「アンデルセンの世界」(人魚姫と雪の女王)、「シェイクスピアの世界」(ハムレット)、「夏目漱石の世界」(草枕とこころ)、「ドストエフスキーの世界」(罪と罰)、「五輪書」(宮本武蔵)、「谷崎潤一郎の世界」(鍵)、「鍵とサロメ」、「シェイクスピアの世界」(ハムレットとロミオとジュリエット)、「オイディプス王と雲」、「江戸川乱歩の世界」(人間椅子、盲獣、屋根裏の散歩者、陰獣)、五七五で描く(動植物たち・スポーツ編・総合編)、「象徴の森、夢とロマンを求めて」、「子供の遊び」(1234)、プラトンの「三つの比喩」、ソクラテスとプラトンの世界、また、太宰治の「走れメロス」と「人間失格」、「宮沢賢治の世界」(銀河鉄道の夜・注文の多い料理店と風の又三郎)、「芥川龍之介の世界」(羅生門、杜子春、蜘蛛の糸、藪の中、トロッコ付)、「自分とは何か、小林秀雄とランボー、中原中也の思い出」、「超人、悪魔と神、修行、内的充実」、「古池や、なぜ、孤独を愛するのか、西行」、「柿食へば、富嶽三十六景、辞世の句、西行の歌」、「なぜ、刃傷事件は起きたのか、精神の自立、徒然草の最終段」、「三つの充実と人間の三大欲」、「交流欲」(ⅠⅡⅢ)、「スランプ、プラトニック・ラブ、笑い、漫画の魅力」、「恋愛と売春」、その他、実にいろいろとありますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。
ホームページ http://asmy2.blog.fc2.com/