しゃもじはどこへ消えた?


著: mattyarion

しゃもじはどこへ消えた?

著: mattyarion
状態 執筆中
最終更新日 2013年10月30日
ページ数 PDF:5ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

ある日、朝起きると母が炊飯ジャーから米をスプーンでよそっていた。その奇妙な光景は、昼の定食屋でも夜のバイキングでも広がっていた。
―毎週なにか1つのものが消え、1週間以内に発明されなければ永遠に消えたままになってしまう。
それがこの世界の新しいルールのようだ。私はそれを発明していくことにした。有名にもなれるしお金ももらえるし。
私は消えていくものを取り戻していくことを決意する。

目次
しゃもじ - 1
しゃもじ - 2
さいばし
かさ - 1
かさ - 2
しばづけ