信じることを信じること――小林多喜二の宗教とマルクスの間――

信じることを信じること――小林多喜二の宗教とマルクスの間――

状態 完成
最終更新日 2012年11月01日
ページ数 PDF:17ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

宗教とは阿片である。マルクスの極めて有名なこの標語に従うように、マルクス主義作家小林多喜二は評論と創作の中で制度化された宗教を厳しく批判している。しかし、そもそも多喜二の初期テクストにはマルクス主義的な啓蒙や知の問題では解消されない、信じることのテーマ(信疑の枠組み)が表出している。とりわけ、同じ毎日を繰り返すことの苦しみを表現した「循環小数」という多喜二の発想と結びつき、信じることは個々人の救いとなる。一種宗教的な多喜二原像を後の宗教批判と対照に読解していく。

目次
奥付
奥付