ギャラリー60日記


著: kajiyaik

ギャラリー60日記

著: kajiyaik
状態 執筆中
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:86ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

浜松市天竜区の阿多古川沿いにオープンした展示スペース『ギャラリー60』には、たくさんの方々が訪ねてこられます。閲覧者の方々はもちろん、主催者の方、取材の方、中には近県からもやってこられる方もいます。そうした方々との交流が、私には大きな励みと勇気になっています。そうしたいったんをつたない文章ですが、綴ってみました。

目次
第一章 2010年の日記 
お休みの一日
廃墟、廃屋に思うこと
掛け軸落下事件
まあ組織というものは・・・
こんな楽しい交流を求めて
45年ぶりの出会い(その1)
45年ぶりの出会い(その2)
書、ちぎり絵展最終日
かいだるい一日
まあなんて言いましょうか
展示切り替え
6月展示初日
授産施設訪問
個性派3名来館
6月の展示品案内
ギャラリー所在地紹介(パート1)
ギャラリー所在地紹介(パート2)
ギャラリー所在地紹介(パート3)
今夜は大変
大忙しの土曜日
おだやかな一日
和尚さんを訪ねる
ギャラリーほったらかし
ど疲れた一日
土壁壊し
写真撮影
鍼灸院にて治療
三島に行く
次月展示準備
演奏会に行く
展示の切り替え
第二章 2011年の日記
ギャラリー紹介と本日のお客様
天龍新聞記者来館
森林公園森の家に食事に行く
昨夜は死にそうだった
車のカギを紛失
溝に落ちる
三島に行く
『かがやき』作品展
来館者様と涙
今頃なによって感じのギャラリー日記
七五三祝いと料理屋の女将
明日は大変
40年ぶりの再会
おしゃべりおばさん
ごめんなさい、ウコッケイ
アーめんどうなウコッケイ
道の駅訪問
ある老夫婦
ある会社の社長さん
大喜びのお客さん
人間なんて
人間なんて皆同じ
気さくな来館者
展示会で大失敗
気さくな来館者
300年前の時計
40年ぶりの訪問
もみじの老大木
眼科医院にて
高齢者世帯が一割を超えたが
忘年会
最終バス(パート1)
最終バス(パート2)
古民家を訪ねる
考えたくない一日(パート1)
わがままいおじさん
今夜は飲まない
ありがたく、本当にありがたい
御前崎に行く
御前崎に行く
浜松市の最北・水窪に行く
ホッとするとき
どうなっちゃうの? 国債依存度42%
私が悪く言われるんですよ
何はともあれ、今年もなんとか乗り越えた
第三章 2012年の日記
居場所がない、困っちゃう
やっと自分の部屋が戻ったと思ったら
意見の衝突
展示館のリフォームをすると言ったけど
アッシー君が来ない
うまい酒が飲めそうだえ
また死人が出た
先祖は平民だった
親切な駅員さん
あぶらげ(油揚げ)