从认知语言学的角度浅析鲁迅作品 -魯迅をシナジーで読む

从认知语言学的角度浅析鲁迅作品 -魯迅をシナジーで読む

販売価格:500円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2017年11月05日
ページ数 PDF:63ページ
内容紹介

中国を代表する作家魯迅(1881年-1936年)の小説「狂人日記」(1918年)と「阿Q正伝」(1922年)をデータベース化しながら、魯迅が執筆しているときの執筆脳を分析しています。作家の執筆時の脳の活動をシナジーのメタファーと見なし、縦に言語の認知、横に情報の認知を置くLのモデルに従って、購読脳と執筆脳をマージしていきます。

目次
「狂人日記」から見えてくるカオス効果について -認知言語学からの考察
Chaotic Effect Expressed from "A Madman's Diary" - Consideration from Cognitive Linguistics
サピアの「言語」と魯迅の「阿Q正伝」
“Languange” of Sapir and “The True Story of Ah Q”of Lu Xun
奥付
奥付