(photo essay)もっと、力をぬいて

(photo essay)もっと、力をぬいて

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:11ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

なぜ、弱い者が生きにくい時代になってしまったのだろうか?
なぜ、本当の意味での強い者がいなくなってしまったのだろうか?
今や、みんながそれぞれの生き方で、無理した頑張りが求められる時代になってしまいました。もう少し、肩の力を抜いて、本当の自分らしさ、を取り戻せる世の中にしていきたいものです。
複雑な人間関係に疲れてしまった人、自分に自信が持てなくなってしまった人、などがもう一度、自分自身を取り戻して、何かやる気を感じるものを見つけ出して、新しい一歩を踏み出してほしいと思っています。
その一歩の難しさは、誰にもわからない事だと思いますが、これだけはしっかり感じてもらいです。

決して、一人ではありません。

家族をはじめ、これまで関わってきた方々、これから出会う方々、みんな一人でなんか何もできません。みんな、手と手を取り合って助け合って今があるのです。

どんなに強い人だって、偉い人だって、どんな人だって、みんな助け合って生きているんです。

だから、力まないで。力をもっと抜いていこうよ。

そんな気持ちが少しでも伝わっていただければ幸いです。

目次
おはよう
もっと・・・
行け!
強く。
自由に向かって。
上を向いて・・・
仲間。
寄り添い。
のびのびと。
最後に。