ブクログIDが自分のものであることを証明して、パブーアカウントを復旧させる方法

パブーは元々ブクログの兄弟サービスとして作られたため、パブーはブクログIDでログインができました。しかし、月日は流れ、パブーとブクログは別々の会社のサービスとなったため、現在はメールアドレスでのログインとなっています。

そうすると、「登録したメールアドレスは分からない」「メールアドレスは随分前に使えなくなっている」といったことが起こりますので、アカウントが自分のものであることを証明し、パブーアカウントを復旧する方法について記載いたします。

デザインエッグへの問い合わせ

まずは問い合わせが必要です。
下記のテキストをコピーして、デザインエッグ株式会社のホームページからお問い合わせ下さい。

問い合わせ時に送る情報

パブーに登録しているメールアドレスが不明のため、メールアドレスの変更を希望いたします。

———————–

・ブクログID:

・ご登録いただいた生年月日:

・ご登録時のメールアドレス:

・現在有効なメールアドレス:

———————–

どうぞよろしくお願いします。

デザインエッグは問い合わせ受信後、該当のIDが存在することを確認いたします。

本人証明

ブクログIDの申請のみで申請を承認すれば、誰でもなりすましが可能となってしまいます。
そのため、デザインエッグは問い合わせの本人がIDの本当の持ち主であるかを確認します。

本人の証明に必要なことは、ブクログへのログインです。
※本当のブクログIDの持ち主であるならば、ブクログにログインできるはずです。

デザインエッグは問い合わせ時のアカウントがパブーに存在することを確認すると、
アカウント復旧用の秘密の鍵を用意してメールで返信します。

秘密の鍵を受信したら、ブクログへログインを行い、自己紹介の一番下に秘密の鍵を記載して下さい。

ブクログのプロフィールに秘密の鍵が掲載されたことを確認の上、デザインエッグから送られてきた秘密の鍵が書かれたメールに、下記の文章を返信して下さい。

秘密の鍵を掲載後にデザインエッグに送るメール

ブクログのプロフィールページへの秘密の鍵の掲載が完了しました。

確認のほどどうぞよろしくお願いします。

———————–

・ブクログID:

・ブクログのプロフィールページURL:https://booklog.jp/users/{user_id}/profile

・現在有効なメールアドレス:

———————–

どうぞよろしくお願いします。

※{user_id}部分をブクログIDに変更して下さい。

以上でデザインエッグはブクログIDの正しい持ち主を確認し、有効なメールアドレスに情報を書き換えます。後は、パスワードの再発行画面から変更された有効なメールアドレスを入力し、パスワードを再発行してパブーにログインして下さい。

ブクログでもログインできなかったとき

ブクログでログインできないことには、パブーからは真のIDの持ち主であるかどうかはわかりません…
そのため、大変お手数ですが、まずはブクログにログインできるようにブクログにお問い合わせ下さい。