「五輪書」(宮本武蔵)上巻(地の巻・水の巻)

「五輪書」(宮本武蔵)上巻(地の巻・水の巻)

状態 完成
最終更新日 2017年07月07日
ページ数 PDF:70ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 さて、今回は、『五輪書』(宮本武蔵)の上巻として、「地の巻」と「水の巻」とを合わせたものであり、その内容は、例えば、宮本武蔵は、なぜ、自分の「剣法」を「二天一流」と号したのか? また、二天一流の心は、水を本(もと)とするとは、一体、どういう意味なのか。また、宮本武蔵がいう「平常心」とは、一体、どういうものになるのか、また、有名な「目付」について、太刀の「持ち方」、「五つの構え」、無念無相の打(うち)、その他、実に数多くの「項目」についての考察になっていますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。 

目次
奥付
奥付