神聖かまってちゃんと岡本太郎 ――子どもの憤りとは自己弁護のない純粋な主張である。

神聖かまってちゃんと岡本太郎 ――子どもの憤りとは自己弁護のない純粋な主張である。

状態 完成
最終更新日 2015年04月12日
ページ数 PDF:21ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

《なぜ子どもはダイナミズムを持っているか/ウソを付いていく表現者/中島らも /岡本太郎の紹介した詩/小さい人// 》




神聖かまってちゃんと岡本太郎 ――子どもの憤りとは自己弁護のない純粋な主張である。







語って欲しいバンドを語ってくれない音楽雑誌やライターに我々、は反旗をひるがえそう!
これは、神聖かまってちゃん評である。そ、ニートの。。。
音楽の文脈を知っている音楽ライターが書かないから、
20代のks底辺が違った角度から「神聖かまってちゃん」評を紹介します。
今回は、岡本太郎を軸に、神聖かまってちゃんについて語っていきます。

目次
0
1
2
3