鳳凰の舞 合本1

鳳凰の舞 合本1

販売価格:590円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2015年06月20日
ページ数 PDF:228ページ
内容紹介

 連載本『鳳凰の舞』(緑の薄い表紙)1~6を一冊にまとめました。

 ときどきヘヴィーなライトノベル。アクション? 恋愛? メルヘン? 悟りの開ける(?)異世界ファンタジー!

 明るくさわやかだが、少しいい加減なアシュと勝気な美少女シエラは双子の兄妹。素直でおとなしい末っ子のラシャは少し甘えん坊。そんな三きょうだいの両親は特異な能力を持ち、山のてっぺんに変わった学校を開いた。辺境の山岳地帯に各地から修行者が集まる。
 アシュ、シエラ、ラシャの三人きょうだいを中心とする愛と魂の軌跡を描く。

目次
第1章 三きょうだい
プロローグ
トーラス
アシュの覚悟
シエラとトーマ
ラシャと動物
恋の行方
下山
継承問題
第2章 放蕩のアシュ
放蕩のアシュ
格闘ショー
出産
入隊
バクー侵攻
クレア
第3章 マホガの乱
吹雪の夜
帰郷
ラフベチバ
実習課題
マホガの乱
別れ
クレアの手紙
姉と弟
届かない手紙
第4章 トーマの帰還
修了式
初仕事
再会
ラシャとナグール
真剣勝負
第5章 会主一家のとある一日
起床
怪我
手当て
問い
奥付
奥付