楽しい人生とは研究に専念できる環境かもしれない

楽しい人生とは研究に専念できる環境かもしれない

状態 完成
最終更新日 2015年03月03日
ページ数 PDF:14ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

福沢諭吉氏が執筆した論説「人生の楽事」を分かりやすく現代語に訳した第三弾です。
タイトルに楽とついてますが、内容は学者が研究に専念するにはどうしたらいいか?
学生らに聞かせたわりと真面目なお話です。
すべてに言える事ですが、物事にはメリットとデメリットの両方が存在します。
終身雇用は学者が安心して研究できる制度かも知れませんが、悪人がよってたかって数千億単位の税金を盗んでしまいます。
なるべく、悪い事に使用出来ない。熱心に研究している真面目な学者が救われるシステム作りこそ大事ではないだろうか?

そんな疑問を抱いた時に、ちょっと読んでみませんか?

誤字や脱字など主に文章についての問い合わせに関しては、私の方で対応致します。
見つけた際は、ご連絡を頂けると助かります。

目次