鳳凰の舞 8 ~ベラチェク~

鳳凰の舞 8 ~ベラチェク~

販売価格:120円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2015年03月23日
ページ数 PDF:32ページ
内容紹介

隣国ラードの弱体化につけこみ、エリースはメノ川南岸を次々と影響圏におさめていく。ここでもアシュが活躍するのであるが、活躍の仕方が上司ナルセには頭が痛い。

期間限定オール試し読み可。
以下続巻。

***いきなりこの巻を開いてしまった方のために、これまでのお話***

 ときどきヘヴィーなライトノベル 
 アクション? 恋愛? メルヘン? 
 悟りの開ける(?)異世界ファンタジー 

 明るくさわやかだが、少しいい加減なアシュと勝気な美少女シエラは双子の兄妹。素直でおとなしい末っ子のラシャは少し甘えん坊。そんな三きょうだいの両親は特異な能力を持ち、山のてっぺんに変わった学校を開いた。辺境の山岳地帯に各地から修行者が集まる。アシュ、シエラ、ラシャの三人きょうだいを中心とする愛と魂の軌跡を描く。(第一巻「概要」より)
 鳳凰山を降りたアシュは放蕩の末、エリースに落ち着いた。恋多き男アシュ、モテるのだが、本命の女性とはなぜか離れ離れになる運命なのであった。

目次
第七章 ベラチェク
密談
ベラチェク出兵
王城
腕試し
忠臣ターシュ
瀕死のアシュ
ベラチェクの転向
奥付
奥付