ブルー・アルタイルを一杯【10】


著: b-svaha

ブルー・アルタイルを一杯【10】

著: b-svaha
状態 完成
最終更新日 2015年02月15日
ページ数 PDF:7ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

急な登山道を登りつめてようやく頂上の水晶宮へとたどり着いた私たちだったが、精霊たちはなぜか私には姿を見せてくれなかった…。ここで深く隠されていた心の傷が暴かれることになるなど、まったく予想していなかった私…。

目次
水晶宮
奥付
奥付