マンガレビュー 神経質な描線『少女ネム』木崎ひろすけ

マンガレビュー 神経質な描線『少女ネム』木崎ひろすけ

状態 完成
最終更新日 2018年11月05日 3年以内
ページ数 PDF:6ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 マンガ表現論ぽく、模写することで描線から作家性を評することを試験的に行なったマンガレビューである。
 10年程前に書いたモノの蔵出しだけど、公開せずずっと封印するつもりだったが、『健全ロボダイミダラー』のこともあるので、読者の皆さんこれからも「コミックビーム」や「ハルタ」を買わないで下さい。ちょうど、いしかわじゅん゛先生の『吉祥寺キャットウォーク』の連載も終了したのでしがらみもなくなったから、こんな不買運動的な営業妨害をおおっぴらにできる。
 私は昔、こういうことを書いていたけど、「コミックビーム」は私を評価しなかった。そこに悪意は無いから、私も悪意はない。

目次
神経質な描線『少女ネム』木崎ひろすけ
神経質な描線『少女ネム』木崎ひろすけ
奥付と裏表紙
奥付