一ノルマンディー人のプロポⅤ【2014年9月号】

一ノルマンディー人のプロポⅤ【2014年9月号】

状態 完成
ページ数 PDF:50ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

アラン『一ノルマンディー人のプロポ』全Ⅴ巻のうちの最終巻である。
『幸福論』のフランスの哲学者アランが、1906年から第一次世界大戦が勃発し志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMAND Ⅴ;Gallimard,1960》を使用している。全151章であり、毎月15日に追加・更新の予定で、2014年11月15日までに完訳予定である。各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人又は発行者(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したもの及びアラン研究所発行の『一ノルマンディー人のプロポ』巻末の注に記載されているもの)が付けたものであるが、空白の儘のものは訳者が便宜的に付けて( )内に示している。
(表紙の画像は、訳者が2012年4月に撮影したパリ「エトワールの凱旋門」である。)

目次
本文1
六十一 ドイツ人の礼儀正しさ(COURTOISIE ALLEMANDE)
六十二 痴情による犯罪(CRIMES PASSIONNELS)
六十三 風切り(LE COUPE-VENT)
六十四 偽善(L' HYPOCRISIE)
六十五 人権連盟(LIGUE DES DROITS DE L'HOMME)
六十六 市民の義務(LES DEVOIRS DU CITOYEN )
六十七 枝葉末節に沿って(CONTRE L'ANECDOTE)
六十八 戦争の法則(LA LOI DE LA GUERRE)
六十九 教科書(LIVRES SCOLAIRES)
七十 (理性の働き)
本文2
七十一 (タンゴと軍人)
七十二 (飛行機乗り)
七十三 (飼い馴らされた象)
七十四 (見えないものを見る教育)
七十五 (ムラン駅の大事故)
七十六 決闘(LE DUEL)
七十七 (急進政党の統合)
七十八 (信望のある者と怠惰な者)
七十九 (予言)
八十 (贅沢と税)
本文3
八十一 頑固者(OBSTINATION)
八十二 (平和を望むこと)
八十三 誠実さ(SINCÉRITÉ)
八十四 舞踏靴を履いた思想家たち(PENSEURS EN ESCARPINS)
八十五 正義と戦争(LA JUSTICE ET LA GUERRE)
八十六 クリスマス旅行者(NOËL VOYAGEUR)
八十七 (暴君の軍隊)
八十八 事実(LE FAIT)
八十九 (オカルティズム)
九十 (けちんぼ)
奥付
奥付