バスは走り去っていた


著: doshima2

バスは走り去っていた

著: doshima2
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:13ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

iPhone用アプリとして販売中の、青春伝奇ビジュアルノベル「如月の宝玉」のサイドストーリーです。

今回は、主人公の男子高校生と学園一の美少女との一か月です。イベントもなければ怪異もありませんが、主人公は普段より更に鈍感さと優柔不断さが増し、そしてヒロインの女王様ぶりも更に加速し、という感じです。
他愛のない学園生活のひとコマですが、挿絵と共にお楽しみください。ぜひご感想をお待ちしています。


(本作は、「月の裏で会いましょう4」として作者が2010年1月にブログサイトhttp://waitingforyouguys.blog7.fc2.com/に掲載した文章を転載しています)

目次
藤原徹はどこだ?
藤原徹はどこだ?
空手部に? 俺がですか?
空手部に? 俺がですか?
へー、面白いじゃん。やってみれば
へー、面白いじゃん。やってみれば
臭っ! 今日は練習中止で全員部室掃除!
臭っ! 今日は練習中止で全員部室掃除!
えっ?
えっ?
あんた最近、鼻の下伸ばしてんじゃないの?
あんた最近、鼻の下伸ばしてんじゃないの?
先輩も転校ですか?
先輩も転校ですか?
思えばあっというまの一か月だったなあ
思えばあっというまの一か月だったなあ