一ノルマンディー人のプロポⅤ【2014年8月号】

一ノルマンディー人のプロポⅤ【2014年8月号】

状態 完成
最終更新日 2014年10月15日
ページ数 PDF:58ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

アラン『一ノルマンディー人のプロポ』全Ⅴ巻のうちの最終巻である。
『幸福論』のフランスの哲学者アランが、1906年から第一次世界大戦が勃発し志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMAND Ⅴ;Gallimard,1960》を使用している。全151章であり、毎月15日に追加・更新の予定で、2014年11月15日までに完訳予定である。各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人又は発行者(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したもの及びアラン研究所発行の『一ノルマンディー人のプロポ』巻末の注に記載されているもの)が付けたものであるが、空白の儘のものは訳者が便宜的に付けて( )内に示している。
(表紙の画像は、訳者が2012年4月に撮影したパリ「エトワール凱旋門」である。)

目次
本文1
三十一 二つの勇気(DEUX COURAGES)
三十二 貴族と労働者(COURTISANS ET TRAVAILLEURS)
三十三 資本家たちと兵役三年制(LE BOURGEOIS ET LES TROIS ANS)
三十四 軍人精神(L'ESPRIT MILITAIRE)
三十五 蟻地獄(LE FOURMI-LION)
三十六 児童画(DESSINS D'ENFANTS)
三十七 ブルジョア、職人、農民(BOURGEOIS, OUVRIER, PAYSAN)
三十八 死者たちは生者たちを支配する(LES MORTS COUVERNENT LES VIVANTS)
三十九 戦争放棄(ABANDON À LA GUERRE)
四十 ホッブスの歌(LA CHANSON DE HOBBES)
本文2
四十一 中立(NEUTRALITÉ)
四十二 急進の話(DISCOURS AU RADICAL)
四十三 平和を望むこと(VOULOIR LA PAIX)
四十四 真実と善(LE VRAI ET LE BIEN)
四十五 政府関係者(L'ATTACHÉ DE CABINET)
四十六 今日の民主主義(DÉMOCRATIE D'AUJOURD'HUI)
四十七 想像力による予想(CROYANCES, PAR IMAGINATION)
四十八 社会学者たち(SOCIOLOGUES)
四十九 恐怖と正義(CRAINTE ET JUSTICE)
五十 ロマン・ロラン(ROMAIN ROLLAND)
本文3
五十一 戦争を容認するのか(ACCEPTER LA GUERRE)
五十二 真珠(PERLES)
五十三 けちと浪費家(L'AVARE ET LE PRODIGUE)
五十四 戦争の狂信者(MYSTIQUE DE LA GUERRE)
五十五 贅沢(LE LUXE)
五十六 魔法(LA MAGIE)
五十七 ジャック・ボノムは語る(JACQUES BONHOMME PARLE)
五十八 知性(DE L' INTELLIGENCE)
五十九 二つの宗教(DEUX RELIGIONS)
六十 十四時…(QUATORZE HEURES…)
奥付
奥付