ある犬の回想


著: b-svaha

ある犬の回想

著: b-svaha
状態 完成
最終更新日 2014年05月05日
ページ数 PDF:4ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

あるときボクは、灌漑用の深い流れに落ちてしまった。流れのどっちへ行っても壁は同じ高さ、自慢の四つ脚も、前足が使えなきゃ高が知れてた。ボクは途方に暮れ、濡れて震えるしかなかった…。超短編シリーズの一つ。2010年作品。