神鳥の唄

神鳥の唄

状態 完成
最終更新日 2014年05月24日
ページ数 PDF:107ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

「も、もちろんいいですよ! わたしは歌い手ですから」
『神鳥』を勤めるリーベは、ある日の休日貴族街へと足を運ぶ。
友人と逸れてしまうものの、それがある人物との出会いだった。



リーベ 16歳 黒い髪に黒い瞳
カーテュアリーミュージアムで神鳥を勤める少女。鈍臭くて臆病だが至高の歌声を持つ。

ケルト 17歳 赤茶の髪に琥珀色の瞳
ある貴族に仕える庭師の少年。表情に乏しく口数も少ない。動植物の言葉がわかる不思議な力を持つ。

フォクノ・サラサ 16歳 金色の髪に碧い瞳
リーベの幼馴染。スタイルのいい長身の美少女。さっぱりとした気性の持ち主で年の割りにしっかりしている。

メリージア・コントクト 18歳 銀髪に黄金の瞳
傲慢な商家の令嬢。リーベの前に神鳥を務めていた。リーベに神鳥を奪われたと逆恨みしている。

シロ
リーベのペット。右翼がないため飛べないがとても利口な小鳥。

イグニアス 18歳
貴族の青年。ある目的があり、フォーリエストに滞在している。

ユナフィア・カーテュアリー
カーテュアリーミュージアムのオーナー。毅然とした態度でミュージアムを纏め上げている女傑。

目次
10
11
12
13