一ノルマンディー人のプロポⅢ【2014年5月号】

一ノルマンディー人のプロポⅢ【2014年5月号】

状態 完成
ページ数 PDF:56ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

アラン『一ノルマンディー人のプロポ』全Ⅴ巻のうちの第Ⅲ巻である。
『幸福論』のフランスの哲学者アランが、1906年から第一次世界大戦が勃発し志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMANDⅢ;Gallimard,1956》を使用している。全149章であり、毎月15日に追加・更新の予定で、2014年6月15日までに完訳予定である。各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人又は発行者(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したもの及びアラン研究所発行の『一ノルマンディー人のプロポ』巻末の注に記載されているもの)が付けたものであるが、いずれも空白の儘でタイトルが無いものは訳者が便宜的に付けて( )内に示している。
(表紙の画像は、訳者が2012年4月に撮影したパリ「エトワール凱旋門」である。)

目次
本文1
九十一 畏敬と恐怖(LE RESPECTE ET LA PEUR)
九十二 シャルル・ペギーのジャンヌ・ダルク(LA JEANNE D'ARC DE PÉGUY)
九十三 死んだ人々(LE PEUPLE DES MORTS)
九十四 一九一〇年の大恐怖(LA GRAND PEUR DE 1910)
九十五 司祭に反する宗教(RELIGION, MALGRÉ LES PRÊTRES)
九十六 教育(ENSEIGNEMENT)
九十七 図書館(BIBLIOTHÈQUES)
九十八 集団(GROUPES)
九十九 社会学者は語る(LE SOCIOLOGUE PARLE)
百 未開人(LE SAUVAGE)
本文2
百一 雨月(LE PLUVIÔSE)
百二 石工職人(LE MANÇON)
百三 君主教育(ENSEIGNEMWNT MONARCHIQUE)
百四 鳥たちと猫(OISEAUX ET CHAT)
百五 三権分立(SÉPARATION DES POUVOIRS)
百六 第三の権力(LE TROISIÈME POUVOIR)
百七 鉄道員たち(CHEMINOTS)
百八 (歴史の残酷さ)
百九 (ピストル)
百十 (太陰月)
本文3
百十一 (公平であること)
百十二 (『パルムの僧院』)
百十三 (ジャン=ジャック・ルソーの思想)
百十四 (見世物)
百十五 会話から(DE LA CONVERSATION)
百十六 宇宙形態説(COSMOGRAPHIE)
百十七 酷評されたソルボンヌ大学(SORBONNE MALMENÉE)
百十八 高ぶる者は降ろされる(QUI S'ÉLÉVE SERA ABAISSÉ)
百十九 「人生の門出に」("AU SEUIL DE LA VIE" )
百二十 何時も制限がある(DROITS, TOUJOURS LIMITÉS)
奥付
奥付