一ノルマンディー人のプロポⅢ【2014年2月号】

一ノルマンディー人のプロポⅢ【2014年2月号】

状態 完成
最終更新日 2014年02月05日
ページ数 PDF:53ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

アラン『一ノルマンディー人のプロポ』全Ⅴ巻のうちの第Ⅲ巻である。
『幸福論』のフランスの哲学者アランが、1906年から第一次世界大戦が勃発し志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMANDⅢ;Gallimard,1956》を使用している。全149章であり、毎月15日に追加・更新の予定で、2014年6月15日までに完訳予定である。各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人、発行者(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したもの又はアラン研究所発行の『一ノルマンディー人のプロポ』巻末の注に記載されているもの)が付けたものであるが、いずれも空白の儘でタイトルが無いものは訳者が便宜的に付けて( )内に示している。
 
(表紙の画像は、訳者が2012年4月に撮影したパリ「エトワールの凱旋門」である。)

目次
前書き
前書き
序文
序文
本文1
一 日時計(LE CADRAN SOLAIRE)
二 世論は行為から生じる(OPINIONS VIENNENT D'ACTION)
三 防犯警官(POLICE PRÉVENTIVE)
四 スピノザ、愛と喜びについて(SPINOZA, SUR AMOUR ET JOIE)
五 仮説と仮説(HYPOTHÈSES ET HYPOTHÈSES)
六 媚びた手紙(LES VALETS DE LETTRES)
七 比例代表制(REPRÉSENTATION PROPORTIONNELLE)
八 死の苦しみ(PEINE DE MORT)
九 雌鶏たち(LES POULES)
十 道徳教育(ENSEIGNEMENT DE LA MORALE)
本文2
十一 雪(LA NEIGE)
十二 情熱(LES PASSIONS)
十三 カトリック教と情熱(LE CATHOLICISME ET LES PASSIONS)
十四 王たち(LES ROIS)
十五 フィレアスと権力の原則(PHILÉAS ET PRINCIPE D'AUTORITÉ)
十六 知識の会計係(LES TRÉSORIERS DU SAVOIR)
十七 演壇の効果(EFFETS DE TRIBUNE)
十八 何故革命か(POURQUOI LA RÉVOLUTION)
十九 率直さだろうか(SINCÉRITÉ ?)
二十 女性のための道徳の先生(MAITRES DE MORALE POUR FEMMES)
本文3
二十一 コレージュ・ド・フランスのロワジー(LOISY AU COLLÈGE DE FRANCE)
二十二 フィロドクスは正しい主義を持つ(PHILODOXE A DE BONS PRINCIPES)
二十三 陰謀家(INTRIGANT)
二十四 道徳と連帯(LA MORALE ET LA SOLIDARITÉ)
二十五 特別待遇と利益(LES FAVEURS ET LES INTÉRÊTS)
二十六 自殺(LE SUICIDE)
二十七 国営企業保護(PROTECTIONNISME)
二十八 私は雨が好き(J'AIME LA PLUIE…)
二十九 無線電信(TÉLÉGRAPHIE SANS FIL)
三十 ニーチェと良識について(SUR NIETZSCHE ET SUR LE BON SENS)
奥付
奥付