13th World Congress on Painで線維筋痛症の一般演題を発表した者は線維筋痛症と筋筋膜性疼痛の関係をどのように考えているか

13th World Congress on Painで線維筋痛症の一般演題を発表した者は線維筋痛症と筋筋膜性疼痛の関係をどのように考えているか

状態 完成
最終更新日 2013年11月12日
ページ数 PDF:11ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 2010年に開催された13th World Congress on Painにおいて線維筋痛症(FM)の一般演題を報告している者24人中、筋筋膜性疼痛(MPS)はFMの部分症状あるいは前段階であると考えている者は12人(50%)、MPSとFMは異なる疾患であるが合併することがあると考えているものが8人(33.3%)であった。わからないと答えた者が4人(16.7%)であった。

目次
奥付
奥付