鐘と大聖堂


著: 朧塚

鐘と大聖堂

著: 朧塚
状態 完成
最終更新日 2013年10月31日
ページ数 PDF:107ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

出口の無い観念の世界に閉ざされた者達が住まう”館”へと向かう、ゴシック・ロリィタを纏う女装の剣士フェンリルと、動く球体関節人形のメビウス・リング。メビウスは”可能性を閉ざす存在”を赦さない者だ。

二人が向かった先は、迷路のような観念の世界に彷徨い込んだ者達ばかりだった。
フェンリルとメビウスは館を支配する"シェリダー”という包帯で顔を隠した覆面の男を探す。

謎が謎を呼ぶグロテスク&メランコリィ・シリーズの異端作。

目次
第一章
詩篇の一 終わりの世界-Obscurite-
第二章
詩篇の二 イメージの牢獄-L'illusion du maniaque-
第三章
詩篇の三 出口の無い迷路-Un reve-
第四章
詩篇の四 光と空 -La blessure qui est repetee-
第五章
詩篇の五 閉じた意思 -Huis clos-
第六章
詩篇の六 痛みとイメージ-Coppelia-
第七章
詩篇の七 亡びの出口-Fenrir-