水村美苗の『日本語が亡びるとき』佐藤清文

水村美苗の『日本語が亡びるとき』佐藤清文

販売価格:30円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:19ページ
内容紹介

 読み間違いだらけの演説は活字媒体よりも、You Tubeで動画として見られ、広まっている。ここから新たな書き言葉の芽は出てきていない。

 水村美苗の『日本語が亡びるとき——英語の世紀の中で』はこのような状況下で刊行され、文学界で話題となっている。各種のグローバル化とインターネットの伸張と共に、英語の覇権が強まっている。こうした状況に危機感を覚える水村美苗は「日本語をいかに護るか」を訴える。ジャンル[批評]
***********
このテキストは「クリエイティブコモンズライセンスー表示ー非営利ー改変禁止」の範囲で自由にご利用になれます。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

このテキストのその他のライセンスについてのご相談、ご意見、ご感想は
hpcriticism@yahoo.co.jp
まで

目次