『信二のバイト』縦書き編


著: SUPERBIRD

『信二のバイト』縦書き編

著: SUPERBIRD
販売価格:183円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2013年08月29日
ページ数 PDF:23ページ
内容紹介

 リーマンショックに関連した経済小説。主人公は正規で働かないフリーターのような青年。外国人相手に始めたバイトで知り合ったアメリカ人と会社経営をすることになるまでのお話。

 作者は評論家ではないので、いつもこうした欄に記述する場合、頭を悩ます。

 
 この小説は、2008年8月に作者が自身のブログへ初出。ユーモア短編小説である。リーマン・ショック直前の投稿作品である。
 さて当時、すでに金融危機で、全米では倒産する銀行の数も、その予定も含め、かなりの数にのぼっていた。すでに蝉(せみ)の声を聞くころには株価は上値が重くなり、軟調に推移し始めていた。とすれば、結果的に、信二はその先を読んで、生き残りのバイトを始めたということになろうか?
 そのバイト、外国人相手の観光案内で、知り合ったアメリカ人とのやり取りから、信二の思想哲学や、政治経済が明らかにされるというお話だ。

目次
奥付
奥付