ハム太と作るC++ライブラリ1 STL編


著: haseham

ハム太と作るC++ライブラリ1 STL編

著: haseham
状態 完成
最終更新日 2018年05月17日
ページ数 PDF:118ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

本書では、何かと「わかりにくい!」と敬遠されがちな
「STL」(Standerd Template Library) について、
実装例を交えながら、わかりやすく紹介している。

わりとよく知られた範囲であるため、有料化の予定はなない。
テストはしてありますが、自己責任でお願いします。

目次
本書について
STLの概要
【vector】 ( 可変長配列 )
【allocator】 ( メモリ確保の最適化 )
【iterator】 ( STLのポインタ )
【list】 ( 双方向リンクドリスト )
【hash_map】 ( ハッシュテーブル )
【stack】 ( 積み上げるコンテナ )
【queue】 ( トンネルに詰め込むコンテナ )
【deque】 ( 両方から詰め込むキュー )
【auto_ptr】 ( 自動解放ポインタ )
【wstring】 (ワイド文字配列) 1
【wstring】 (ワイド文字配列) 2
【wstring】 (ワイド文字配列) 3
【bitset】 ( ビットフラグ )
奥付
奥付