だから派遣は無理をするーこんなことはどこかで終わることを願いながら

だから派遣は無理をするーこんなことはどこかで終わることを願いながら

販売価格:110円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2015年12月30日
ページ数 PDF:22ページ
内容紹介

派遣切りが社会問題になっていた2007年、日雇い派遣に登録して働いていた私はその只中にいた。※文中の運賃および時給・日給、会社名等はすべて当時のものです。

目次
派遣の位置づけは繁忙期を乗り切るための一時的労働力
派遣業者ごとに異なる時給 制服自費負担も
日々、細切れの絶望が蓄積していく
仕事が途切れないよう複数の派遣に登録
生活費の余裕なく2日間を昼食抜きで過ごした古川さん
10キロ筐体を一日400回持ち上げる作業担当へ
組立作業は各工程ごとに止めて行う
身体が続かないので作業担当変更を進言
日産600台態勢で電動ドライバーの限界超える
毎日1〜2時間の残業そして土曜出勤も
「すごい形相で右ストレートを放った」古川さん
生活のため身につくことのない作業を繰り返す
派遣の継続を依頼されるも「本業の都合上」断る
奥付
奥付