風果てし先へ(7ページまで)

風果てし先へ(7ページまで)

状態 完成
最終更新日 2013年05月29日
ページ数 PDF:9ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

2013年5月発行の個人誌「風果てし先へ」の序盤7ページまでを公開させていただきます。(全60ページ作品)
本格的に物語が動き出す手前までの描写となってしまっておりますが、雰囲気だけでもお判りいただけますれば…。
Jコミ タナベキヨミ短編集 http://www.j-comi.jp/book/comic/42671  にご掲載いただいている「たった一つ望むこと」「遠くとも君に」「めぐる陽はきっと」の、続きとなる作品です。
ゆる~く連作となっておりますゆえ、冒頭にあらすじ集「『風果てし先へ』到る道」を掲載(こちらもパブーさんで公開しておりますので、ご覧いただけますれば…)、本編60ページにそれらを付けて中身72ページ(表紙等も含め76ページ本)となっております。

「風果てし先へ」で竹中半兵衛の弟子となったちび明石たんこと朱若丸(のちの明石掃部全登)が主人公の創作戦国マンガです。(朱若丸という幼名も創作です)
あくまでもフィクションではあるのですが、舞台は戦国時代(安土・桃山時代)。 羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が播磨三木城攻めを開始して半年ほどの頃。(天正6年・西暦1578年) 
宇喜多調略の件で安土へ向かおうとする小寺(黒田)官兵衛の元に、荒木村重謀反の急報が!! その知らせは、官兵衛はもとより松寿丸を、そして半兵衛・朱若師弟をも大変な危機に巻き込むこととなるのですが…。

来年大河「軍師官兵衛」でも前半最大のヤマ場となるくだりです。
朱若視点ですので、今回の話では官兵衛・幽閉描写は出て参りませぬが、松寿丸の件を巡って、別角度からお楽しみいただけるような構成を心掛けました。
価格は強気の600円にて、http://tanakiyo.cart.fc2.com/ ←こちら拙作直販・タナキヨ本舗にて販売中であります。(おトクなセット販売もあります♪)
商業誌作品と同じくらいの、いえ、それ以上の気合を入れて仕上げました!!!よろしくお願いいたします♪♪

目次
奥付
奥付
奥付