散文詩


著: einszwei

散文詩

著: einszwei
販売価格:11円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2013年04月25日
ページ数 PDF:9ページ
内容紹介

詩とは感情の爆発である。血網の器に注がれる情報の波が、その流れる強さに応じて激しさを増し、満ちた心の海に浮かび上がってきた言葉 それが詩である。

琥珀色の夕陽がかかった岬に鯨の残響が響いてる。 黄昏に染まるその墓標にたむけとして一輪の紫苑の花と真っ白にそまったメモ帳 そのうち世界が擾乱の影に呑みこまれて大海は干上がり、代わりに宇宙の反吐が埋め尽くすようになる

目次