日本の大学教育の罠 The Trap of Japan's Higher Education


著: 山田順

日本の大学教育の罠 The Trap of Japan's Higher Education

著: 山田順
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:20ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

日本の大学教育は、世界から見るとおかしなことが多い。
たとえば、なぜ日本の大学では、入る前に専攻を決め、学部ごとに入試を受けなければならないのだろうか? 欧米では専攻を決めるのは入学後だ。また、日本では文系、理系という分け方があるが、なぜ心理学や経済学が文系になってしまうのだろうか? 欧米なら、この2つとも理系(サイエンス)である。
このようなことは、日本にいれば気にしなくなくてもいいが、グロ—バル化が進む現代世界では、日本人の大きなハンディになる。なにより、世界からからズレた日本の大学で学ぶ若者たちがかわいそうである。
そこで、日本の大学教育はなぜ世界とこんなにズレがあるのか? 学問の大系にまでさかのぼって考察してみた。

目次
版権履歴&目次Copyright History & Contents
版権履歴&目次 Copyright History&Contents
はじめに Introduction
Introduction
世界規模で共通化される高等教育
Part1
なぜ卒業大学ばかりが重視されるのか?
Part2
神がつくった世界の法則を見つけるのが学問
Part3
サイエンスの発展が近代社会をつくった
Part4
アカデミアの体系はこうなっている
Part5
「リベラル・アーツ」がすべての学問の基礎
Part6
ナインイレブン以後、劇的に変わった世界
Part7