御伽草子、その二 にょろにょろ

御伽草子、その二 にょろにょろ

状態 完成
最終更新日 2013年03月30日
ページ数 PDF:5ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

奉公先で、大切な皿を割ってしまった庚(コウ)。おかみさんに不始末を詫びようと思うも、そのきっかけがをつけめぬまま数日が過ぎていく。ある夜、庚の夢に里の母が現われる。「いいかい、悪さを隠すと…」。そうだ、母ちゃんは言ったんだ。「悪さを隠すと、お腹の中の三匹の虫がにょろにょろと這い出てきて、天のお人のところに言いつけにいくんだよ」と。やだよぉ、母ちゃん、こわいよぉ、母ちゃん。

目次