FTMTSと難聴をつなぐもの-ES細胞研究


著: 伊東聰

FTMTSと難聴をつなぐもの-ES細胞研究

著: 伊東聰
状態 完成
最終更新日 2013年03月10日
ページ数 PDF:21ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

これは2006年の10月26日~10月30日までの間に私「伊東聰」のブログ、「さとしの哲学書簡 ver2」で5回にわけて連載していたものである。

・2006-10-26 FTMTSと難聴をつなぐもの-ES細胞研究 その1
・2006-10-27 FTMTSと難聴をつなぐもの-内耳再生医療研究 その2
・2006-10-28 FTMTSと難聴をつなぐもの-実子がほしいFTM その3
・2006-10-29 FTMTSと難聴をつなぐもの-勝手にしやがれの盲点? その4
・2006-10-30 FTMTSと難聴をつなぐもの-伊東聰のジレンマ その5

ES細胞研究には人クーロン胚が必要だったのだが、その卵子の提供元としてFTMTS(Female to Male Transsexual, 性別適合手術を望む女性から男性への性同一性障害者)の卵巣が求められていた。

性同一性障害問題は再生医療研究とほど遠い分野のように感じるが、2006年8月の文部科学省の「科学技術・学術審議会生命倫理・安全部会特定胚及びヒトES細胞等研究専門委員会人クローン胚研究利用作業部会(第21回)配付資料」にはSRS後のFTMの卵巣についての記述がある。

このことについてゴルゴ13の1エピソード、「バイオニックソルジャー」にちなんで「ジョージ・モラレス問題」と筆者が名付けたこの医療倫理の問題についての記事を電子書籍にまとめてみた。

目次
FTMTSと難聴をつなぐもの-ES細胞研究
「バイオニックサイボーグ」の可能性
FTMTSと難聴をつなぐもの-内耳再生医療研究
内耳再生医療技術の開発
FTMTSと難聴をつなぐもの-実子がほしいFTM
自分の遺伝子をもつ子供を持ちたい
FTMTSと難聴をつなぐもの-勝手にしやがれの盲点?
知らない「実子」―ジョージ・モラレス問題
FTMTSと難聴をつなぐもの-伊東聰のジレンマ
神の手を超えられるのか?
最後に 2013年の状況
そして、年月がながれた。