迷宮真理


著: a26

迷宮真理

著: a26
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:32ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 中川は梅雨が嫌いだった。姉が死んだのが梅雨だったからだ。だから、梅雨になると気分も沈みがちになる。そのせいか毎夜、同じ夢を見る。 
夢の中で中川は、まだ彼が存在していない世界に迷い込む。そこで彼は影法師に出会い、幻泡遊人となった。「確か」という言葉が存在しない不可思議な世界を、二人は連れだって歩きだす。

目次