獄にさく花うたう鳥     ∞詩とアフォリズム・哲学的断章Ⅰ


著: genryu7z7

獄にさく花うたう鳥     ∞詩とアフォリズム・哲学的断章Ⅰ

著: genryu7z7
販売価格:220円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2016年02月20日
ページ数 PDF:24ページ
内容紹介

1]人が、他者の存在を受け入れることが出来るのは、自己自身の存在を受け入れているその限度内においてである。自己愛の過剰が、病的現象をもたらしているのではない。自己愛の欠如こそが、対人関係=社会関係における病的現象をもたらしているのである。ここで定義されている自己愛とは、そのままの自己の存在を肯定し、受け入れ、ありのままの自己の存在に愛着をもっているという実存的スタンスである。

目次
奥付
奥付