精神病棟U22

精神病棟U22

販売価格:480円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2013年05月28日
ページ数 PDF:233ページ
内容紹介

フランス国中が猛暑にうだったあの夏、
私は一人家を逃げ出し
精神病棟に隔離されました。
90日間におよぶ病棟生活の記録です。

目次
プロローグ
前兆
カウントダウン
想定外
第一章 逃避
1‐1 炸裂
1‐2 サイレンの光の中で
1‐3 夢と現実のはざま
1‐4 あの日・・・・・
1‐5 あの日・・・・・2
1‐6 あの日・・・・・3
1‐7 あの日・・・・・4
1‐8 あの日・・・・・5
1‐9 夜の闇のむこうへ
第二章 籠の中の鳥
2‐1 真夜中の来訪者
2‐2 710号室
2‐3 鍵
2‐4 新入り
2‐5 澄んだ瞳の少女
2‐6 ドクター・バルダン
2‐7 体が狂喜していた
2‐8 外界
2‐9 治外法権
2‐10 鎮魂歌
第三章 苦しみの人々
3‐1 セシル
3‐2 スポーツクラブ
3‐3 告白
3‐4 奈落の底
3‐5 ばらばらのパズル
3‐6 あの時あの場所にいた人
3‐7 自己との闘い
3‐8 苦しみの人々
3‐9 沖へ、沖へ・・・
第四章 ひとりだちへ
4‐1 バカンス村
4‐2 覚悟
4‐3 苦肉の策
4‐4 ひとりだち
4‐5 ソシアルワーカー
4‐6 生活保護
4‐7 週末の憂鬱
4‐8 やさしの森通り21番地
4‐9 ゼロからの出発
第五章 会いたい
5‐1 第一報
5‐2 義母の動揺
5‐3 親族会議
5‐4 根回し
5‐5 ガエルの押し
5‐6 友の電話
5‐7 会いたい
5‐8 接点
5‐9 手紙
5‐10 おまもり
5‐11 身支度
5‐12 マニキュア
第六章 別離の通告
6‐1 同じ穴の狢
6‐2 混沌
6‐3 独房
6‐4 夢のまた夢
6‐5 廃人
6‐6 別離の通告
6‐7 プライド
6‐8 対面
6‐9 予期せぬ宣告
6‐10 豹変する男
6‐11 工作
6‐12 覚え書き
第七章 ソリダリティー
7‐1 ケリーの忠告
7‐2 取り戻す
7‐3 敵陣へ
7‐4 宣言
7‐5 濁流
7‐6 アイロニー
7‐7 弁護士を探す
7‐8 人から人へ
7‐9 提出されていた離婚裁判申請
7‐10 過酷な話し合い
7‐11 混乱
7‐12 ソリダリティー
第八章 戦いの準備
8‐1 再会
8‐2 皮肉なめぐりあわせ
8‐3 食うか食われるか
8‐4 無知
8‐5 とまどいとジレンマと
8‐6 底なし沼に落ちないために
8‐7 羽ばたく赤い鳥
8‐8 不気味なうねり
8‐9 ティファニーの証言書
8‐10 『自分の家』
8‐11 前日
第九章 決起 ~ 籠の外へ
9‐1 事情聴取
9‐2 手落ち
9‐3 二度目
9‐4 急がねば
9‐5 忘れていた人
9‐6 脱出の実現へ
9‐7 なにもしてやれない
9‐8 自分を非難する声
9‐9 もう 有耶無耶にはさせない
9‐10 無意味な要求
9‐11 不安
9‐12 目の前の現実
9‐13 高い代償を払っても
9‐14 一冊の本
9‐15 約束の証
9‐16 籠の外へ
あとがき
あとがき ~ 不完全なすべてのわたしたちへ
奥付
奥付