ギャグショー

ギャグショー

販売価格:450円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:120ページ
内容紹介

 吉村の背後には、明日にでも家をでていくための荷作りの山があった。福島の白河。冬には、雪が山のように積もり、天然の冷蔵庫になってしまう土地。シャロン吉村はそんなこともおくびにも気にせず、私に問いかける。
「人を救えない小説に意味はあるのでしょうか?」

 人を救える小説を求める小説家志望のシャロン吉村と、ゆく先もさだままぬまま日々は過ぎていく私、西尾刹那のプロットのない物語。東京へと上京することを決めた日から、私は変われただろうか。吉村は小説を求め、そして、私は…。

目次
前編
届かぬ言葉 1/3
届かぬ言葉 2/3
届かぬ言葉 3/3
回想する記憶 1/2
回想する記憶 2/2
上京物語 1/4
上京物語 2/4
上京物語 3/4
上京物語 4/4
てのひらを太陽に 1/3
てのひらを太陽に 2/3
てのひらを太陽に 3/3
後編
Hello World 1/4
Hello World 2/4
Hello World 3/4
Hello World 4/4
銀の弾丸 1/4
銀の弾丸 2/4
銀の弾丸 3/4
銀の弾丸 4/4
はじまりの記憶 1/3
はじまりの記憶 2/3
はじまりの記憶 3/3
ギャグショー 1/4
ギャグショー 2/4
ギャグショー 3/4
ギャグショー 4/4