サテゥルヌスの孫


著: エンマ

サテゥルヌスの孫

著: エンマ
販売価格:500円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2018年10月19日 3年以内
ページ数 PDF:55ページ
内容紹介

――――「あんた、何が欲しいのさ、この店は朝まで、誰一人いないんだよ。くぐり戸を壊せば、望みのものを盗めるだろうけどね。あたしは真面目なんだから、絆創膏しか欲しくないね。腕に竜が彫ってあるから、貼ってかくすんだよ。ブラウスから透けて見えたら、大変だから。会社をクビにされてしまうのよ。夜も昼も稼ぐんだから、苦労するわよ。でも、呑んだ後、ぼうっと桜色になると竜がきれいに見えてくるんだよ。ときどき誰かに見せたくなってねえ。だけど、いま絆創膏が欲しいんだよ。すぐ朝だから」紺色の服のガードマンという風体の女は、手を口に寄せて、彼女に話しながら、幼児のように爪をかむ。「どうして、何にもしゃべらないのさ、何故叩くのをやめたのさあ!」「どうしていいかわからないからです」「なんで?」ヒロインは竜にびっくりしていて、シャッターを叩くのも、瀕死の病人のいるのも忘れている。その可笑しさ。サテゥルヌスの孫の冒頭は島さち子の作品とも思えない、こんな会話で始まりです。サテゥルヌスの孫は人を食うのでしょうか?あなたも、島さち子の世界にとっぷり、つかってみませんか!!

目次