女性線維筋痛症、慢性広範痛症(chronic widespread pain)、慢性局所痛症(chronic regional pain)患者におけるBMIの比較

女性線維筋痛症、慢性広範痛症(chronic widespread pain)、慢性局所痛症(chronic regional pain)患者におけるBMIの比較

状態 完成
最終更新日 2013年01月05日
ページ数 PDF:10ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

FM患者、CWP患者、CRP患者のBMIは各22.9、21.7、21.4であった。一元配置分散分析(Fisher’s PLSD法)ではCRP群とFM群の間でのみ有意差があった。日本人は白人ほど太っていないため、BMIに差がつきにくい可能性がある。減量によりFMの症状が軽減するという報告もある。これらを総合するとCRP、CWP、FM患者は少なくとも太らないことが望ましい。

目次
本文
著者紹介
電子書籍
奥付
奥付
奥付