2007年4月と2011年12月における線維筋痛症の治療成績の比較

2007年4月と2011年12月における線維筋痛症の治療成績の比較

状態 完成
最終更新日 2013年11月12日
ページ数 PDF:11ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 2007年4月の時点では3か月以上治療を行った線維筋痛症患者においては、治癒が5人(14.7%)、著効が4人(11.8%)、有効が17人(50.0%)、不変・悪化が8人(23.5%)であった。2011年12月の時点では3か月以上治療を行った線維筋痛症患者においては、治癒が1人(2.2%)、著効が15人(34.1%)、有効が17人(38.6%)、不変・悪化が11人(25%)であった。両方の報告における治癒の割合、著効以上の割合、有効以上の割合には有意差はなかった。

目次
本文
著者紹介
電子書籍
奥付け
奥付
奥付