ラスト・シャーマン

ラスト・シャーマン

状態 完成
最終更新日 2013年12月06日
ページ数 PDF:483ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 中国でいう三国時代、倭国(日本)は、巫女の占いによって統治されていた。邪馬台国の皇子月読は、巫女であり大王である姉卑弥呼の審神者として、忙しい日々を送っていた。だがある嵐の夜、卑弥呼は激しい祈祷の末に命を落とし、月読は国の安定保持のため、姉の姿を偽ることになる。
 八年後、女王を偽った罪で国を追われた月読は、姉の夢であった倭国統一を実現すべく、その障害となっている狗奴国討伐の旅に出る。彼は、連合国との関係を深めながら、巫女の占いに頼らない政(まつりごと)の必要性を確信していく。
 一方、大王となって邪馬台国に残ることを決意した壹与は、優れた巫女であったが、月読への恋心を自覚したことで、霊力を失ってしまう。絶望した彼女を支えたのは、彼女を幼い頃から慕う、聡明な少年男鹿だった。

目次
序章 誕生
人物相関図
第一章 美しい皇子
第二章 最後の神託
第三章 淡い想い
第四章 偽りの告白
第五章 刹那の愛
第六章 巫女の涙
第七章 背徳の決意
第八章 神の血
第九章 守れなかったもの
舞台設定(解説)
第十章 変化
第十一章 二度目の恋
第十二章 出雲の巫女
第十三章 戦の足音
第十四章 二人の母
第十五章 月の神
後半主要登場人物
第十六章 覚悟の旅
第十七章 策略の戦
第十八章 望まざる運命
第十九章 剣の舞
第二十章 現世
第二十一章 熊襲兄弟
第二十二章 決戦への船出
第二十三章 狗奴国上陸
第二十四章 青天の闇
第二十五章 建国の礎
第二十六章 それぞれの未来
第二十七章 別れのかたち
第二十八章 あたえし者
第二十九章 あたえられし者
第三十章 重なる運命
最終章 白い月