心の病に侵されて

心の病に侵されて

状態 執筆中
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:22ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

人生も絶頂だった。長年生まれることの無かった子供も授かった。しかし、私は鬱病を発症してしまった。
鬱病が進行していく過程、自分のなかでの葛藤。そして、支えてくれていた家族への酷い仕打ち……。
最近でこそ「鬱病は身近な、誰もがなる病気」と認知されてきたが、実際の鬱病とは想像を絶する傷跡を私の人生に残した。

……それは、今でも。

本書で記された内容はすべて事実です。しかし、人間には“記憶を自分のいいように捏造する”機能が備わっています。ですが、ここではありのままを綴ります。

目次
序章:私には関係のない病気だ
鬱なんて考えても見なかった
第一章:きっかけ。そして奇行
他人から見れば他愛のないこと
エレベーターでふたりきり。そして吐き気が
第二章:精神科
精神科といっても普通の病院
予想以上の副作用。ますます、精神状態は不安定に。
気分を新たにするために、思い切って転院したが
第三章:薬漬け
未だかつて見たこともない粒!
着実に蝕む薬害
大丈夫なのか? 俺は……。
第四章:失う。すべてを
新たな病気、発病
死ぬかと思った!
第五章:クスリを絶つ
え!? それって犯罪でも使われるやつじゃ……
今までのあのクスリは何だったの!?
第六章:回復の兆し
クスリ絶ちの効果
視界がクリアになりすぎた!?
第七章:再発
我が儘爆発! もう、家庭の危機ですよ!
第八章:現在進行形。そして、今