自覚力

自覚力

状態 執筆中
最終更新日 2012年10月02日
ページ数 PDF:8ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介


自覚力。
自分のダークサイドを自覚することで、自分を律することができる。
つまり、暴走しないように制御できる。
そういう能力を(ぼくが勝手に)自覚力と呼びます。

自信過剰な方にこそ、自覚力が必要だと思います。

「自分が無知無能であると自覚する」など、自信をもてない方にとってはさらにへこむ内容になります。

自信を持てない方はまずは自信をつけるよう、勤めてください。
おもいっきり、自惚れちゃってください。

だけど、「自信をもて」と言われたから持ったのに、なんかうまくいかない。
さらなる高みへと向上したい。

そういう方はまず自分の弱さやダークな部分を自覚することです。

人は、自分の弱さを受け入れた時、強くなるのですから。


目次
1章 自分がエゴイストだと自覚する
2章 自分に行動力がないことを自覚する
3章 自分が寂しがり屋であることを自覚する
4章 自分が無知無能であることを自覚する
5章 実践する気などないことを自覚する
6章 自分がしゃべりすぎていることを自覚する
7章 見返りを求めていることを自覚する
8、生かされていることを自覚する
9、優越感を感じていることを自覚する