命が惜しい(有馬の幽霊)

命が惜しい(有馬の幽霊)

販売価格:154円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2012年10月01日
ページ数 PDF:21ページ
内容紹介

          二十話 
     命が惜しい ― 有馬の幽霊 ―

秋山俊は高校2年の時、尊敬する父と兄を車の事故で同時に亡くした。
後、彼は母と二人で励まし合いながら時が過ぎやっと将来を約束され
るような社会人と育って行った。
しかし彼は心の奥底にしまい込んであった心の傷はいやされてはいなかった。
そして濃厚な人々との係わり合いを持ったことからいろいろな幽霊に遭遇することになる。
   
そして・・・

目次
奥付
奥付