一ノルマンディー人のプロポⅠ(下)

一ノルマンディー人のプロポⅠ(下)

状態 完成
最終更新日 2014年04月16日
ページ数 PDF:91ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

『幸福論』のフランスの哲学者アランが1906年から、第一次世界大戦が勃発し志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMAND Ⅰ;Gallimard,1952》を使用している。全177章であり、各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人又は発行者が付けたものであるが(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したものを含む。)、空白の儘のもの及び1909年に書かれたプロポの一部については訳者が便宜的に付け、( )内に示している。
(表紙の画像は、パリの「エトワールの凱旋門」である。)

目次
目次
一ノルマンディー人のプロポ Ⅰ(下) 目次
カット写真
百三十一~百四十
百三十一 「考える人」と優しさ (LE PENSEUR ET LA BONTÉ)
百三十二 生存競争だろうか? (LUTTE POUR LA VIE ?)  
百三十三 郵便配達人 (LE FACTEUR DES POSTES)
百三十四 社会主義者への演説 (DISCOURS AUX SOCIALISTES)
百三十五 (法律と自由な人間)
百三十六 (自由な判断)
百三十七 革命記念日 (LA FÉTE NATIONALE)
百三十八 (精神の力)
百三十九 (王の人間性) 
百四十 (選挙の意味)
百四十一~百五十
百四十一 プラトン (PLATON)
百四十二 政府関係者たち (LES ATTACHÉS DE CABINET)
百四十三 (シヨン運動家)
百四十四 泉 (LA SOURCE)
百四十五 無気力な人たち (LES MOLLUSQUES) 
百四十六 労働者と戦争 (L'OUVRIER ET LA GUERRE)
百四十七 (軍隊万歳)
百四十八 戦争に反対して (CONTRE LA GUERRE)
百四十九 リュシアン・ルーヴェン (LUCIEN LEUWEN)
百五十 ナポレオンの赫々たる武勲 (L'ÉPOPÉE NAPOLÉONIENNE)
百五十一~百六十
百五十一 軍人精神 (L'ESPRIT MILITAIRE)
百五十二 虐殺の後 (APRÈS LES MASSACRES)
百五十三 平和への愛  (L'AMOUR DE LA PAIX)
百五十四 軍隊組織 (FORMATION MILITAIRE)
百五十五 若き兵士たち (JEUNES SOLDATS)
百五十六 樵 (LES BÛCHERONS)
百五十七 蓄音機 (PHONOGRAPHES)
百五十八 ル・ノートル (LE NÔTRE)
百五十九 (自由と力)
百六十 (音楽と歴史)
百六十一~百七十
百六十一 (プラトンとの対話)
百六十二 猿 (LE SINGE)
百六十三 利己主義 (L'ÉGOÏSME)
百六十四 キプリング  (KIPLING)
百六十五 トルストイ(TOLSTOI)
百六十六 (作家の現実)
百六十七 (スチュアート・ミルの功利性)
百六十八 存在するものを愛すること (AIMER CE QUI EXISTE)
百六十九 十字架の徴 (LE SIGNE DE LA CROIX)
百七十 (善き意志)
百七十一~百七十七
百七十一 村の葬儀 (L'ENTERREMENT AU VILLAGE)
百七十二 (死は考えないこと)
百七十三 汎心論 (PANPSYCHISME)
百七十四 (物質主義)
百七十五 中立 (NEUTRALITÉ)
百七十六 キリストの神性 (DIVINITÉ DU CHRIST)
百七十七 牧月 (PRAIRIAL)
訳者あとがき
訳者あとがき
奥付
奥付