希望の光 ~統合失調症と信仰生活~


著: fukagorou

希望の光 ~統合失調症と信仰生活~

著: fukagorou
販売価格:220円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2012年07月18日
ページ数 PDF:36ページ
内容紹介

この本は、1973年生まれの男、深澤信行(ふかさわ のぶゆき)・ニックネーム:ふかごろう、が書いた本です。
私(ふかごろう)は、クリスチャンの両親の元に生まれました。
幼いころから、教会学校に通っていましたが、中学生になり教会へ通わなくなりました。
そして、キリスト教とは関係の無い人生を送っていました。
ところが、社会人になって4年目に大きな転機を迎えることになりました。
統合失調症を発病したのです。
この体験により、私はふただびキリスト教を信仰するようになります。
私の体験した統合失調症と言う病気はどのようなものか。
また、どのようにして、ふただびキリスト教を信仰するようになったのか。
この本に書いています。

もし、よろしければ、入手して読んでみてください。

目次
奥付