KIS§SIK -story-


著: shiroa

KIS§SIK -story-

著: shiroa
状態 完成
最終更新日 2012年08月10日
ページ数 PDF:16ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

-Story-

<序>


物語は”∞”に紡がれる。
物語はそれ自体が生まれようと意識したかのように生まれる。
生まれる瞬間、閃きと称される火花が散る。
それはあまりにもまばゆい。また、スプライト(妖精)のように捕らえにくい。
また、おどろくほど偶発的に、生まれる瞬間が訪れる。
求めている、いないに関わらず。いつでも。
そんな”∞”に生まれる物語の種を、私は手をかけ、芽が出るまで大切に水をやる。
そして芽が出れば日差しに気を配り、風を避け、適度に水を与えながら育てる。
実に神経をすり減らし、情熱を傾け、やがてようやく花が咲く。
その花の美しさは、手がけた手間に比例してまばゆい。

――そんな私が手をかけ、大切に育てた物語の咲かせた”花”たちの姿をごろうじ召されよ。

時にそれは物語の生まれた瞬間を映し、
  時にそれは物語の育った側面を映じよう。

では、しばしの旅を。

目次