器量を磨く

器量を磨く

販売価格:500円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:58ページ
内容紹介

男性は器量人、女性は器量よしになる秘訣を公開。

目次
第一章 男の器量を磨く
●人間の命の本体は宇宙に遍満する「気」
●「気」の量が多い人こそ器量人である
●重要なのは収容した「気」の十分な循環
●西洋の見えるオーラ、東洋の感じる「気」
●自己を磨けば誰でも器量人に近づける
●向上心や信念が自己の器を大きくする
●器量人を目指す人に求められる包容力
●真の器量人とは人間性が完成した人のこと
第二章 女の器量を磨く
●女性の美しさにも関係する人間の「気」量
●相手の容貌から正しく人柄を見抜く方法
●真の器量よしは単なる美人とは異なる
●悪い印象を与えないためには外観も大切
●醜い心が人間本来の美をゆがめてしまう
●器量よしの根本は最高度の健康にある
●美人ではないけれども美しい真善美楽の人
●笑えば円満な、器量のよい人になれる
●ほほ笑み生活から全身に充実する「気」
●ぜひ勧めたいのは自分の表情を変える訓練
第三章 器量を磨く秘訣
●器量を磨くとは自己を育成すること
●完成された人間になるのが何よりの財産
●今日という日の大切さを知って、今を生きる
●日々の生活の積み重ねが人生を左右する
●全力投球で養う将来の成長のための潜在力
●一生懸命に働くことは自分のためである
●自分の仕事の価値や役割の重要性を知ろう
●将来展望から今日一日やるべきことを考える
●人間の器を大きくする壮大な人生目標
●自分に対しての投資を惜しんではならない
●確実に読書を習慣化する日常の工夫
●人脈を広げるには自分を高める必要がある
●周囲と調和できる人格を持つことについて
●楽しい気性を養ってつながる人間関係
第四章 器量を培う手足の運動
●ボケを防ぐには歩くことが不可欠
●足の筋肉の衰えが脳の衰えにつながる
●頭も足も使わないと委縮するもの
●歩き以外の下半身鍛錬法について
●運動には無理をしない心掛けが必要
●脳の働きを高める手や指の訓練