一ノルマンディー人のプロポⅠ(上)

一ノルマンディー人のプロポⅠ(上)

状態 完成
最終更新日 2012年12月18日
ページ数 PDF:101ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

『幸福論』のフランスの哲学者アランが、1906年から第一次世界大戦が勃発し、志願して参戦した1914年8月までに書いたプロポ(語録)の翻訳で、本としては本邦初訳である。
 テキストは《ALAIN :PROPOS D'UN NORMAND Ⅰ;Gallimard,1952》を使用している。全177章であり、そのうち80章までを上巻、130章までを中巻、最後の177章までを下巻としている。
 各章のタイトルは、出版に際してアラン自身、マリー・モニック・モール=ランブラン夫人又は発行者が付けたものであるが(ガリマール社のプレイヤード叢書版においてモーリス・サヴァン氏が命名したものを含む。)、空白の儘のもの及び1909年に書かれたプロポの一部については訳者が便宜的に付け、( )内に示している。
(表紙の画像は、パリの「エトワールの凱旋門」である。)

目次
発行の辞など
発行の辞など
本文(1~10)
一 野羊 (MOUFLONS)
二 (オリオン座)
三 心理学者たち (LES PSYCHOLOGUES)
四 人間の魂を持った犬 (LE CHIEN QUI AVAIT UNE ÂME D'HOMME )
五 猟師と犬 (LE CHASSEUR ET SON CHIEN)
六 知性 (L'INTELLIGENCE)
七 懐疑 (LE DOUTE)
八 (ニュートンの話)
九 真の共和制 (LA VRAIE RÉPUBLIQUE)
十 本質 (LE NATUREL)
本文(11~20)
十一 食堂の匂い (L'ODEUR DE RÉFECTOIRE)
十二 誠実さ (DE LA FIDÉLITÉ)
十三 若者 (LE JEUNESSE)
十四 素朴な信仰 (LA FOI DU CHARBONNIER)
十五 光の祭典 (FÊTE DE LA LUMIÈRE)
十六 テンペスト (LA TEMPÊTE)
十七 観念の流れ (LE COURS DES IDÉES)
十八 室内遊戯 (UN JEU DE SOCIÉTÉ)
十九 猫の思考 (PENSÉES DE CHAT)
二十 夢遊病者たち (SOMNAMBULES)
本文(21~30)
二十一 形而上学 (LA MÉTAPHYSIQUE)
二十二 ノイローゼ (LA NEURASTHÉNIE)
二十三 完璧な宇宙 (UNIVERS IRRÉPROCHABLE)
二十四 祈り (LES PRIÈRES)
二十五 事故(必然性) (L'ACCIDENT(NÉCESSITÉ))
二十六 (可能事と不可能事)
二十七 (伝統による正しさ)
二十八 歴史の一頁 (UNE PAGE D'HISTOIRE) 
二十九 星々の規範 (LES ASTRES MODÈLES)
三十 天文学 (ASTRONOMIE)
本文(31~40)
三十一 (潮の動き) 
三十二 ラジウム (RADIUM)
三十三 エネルギーの低級化 (LA DÉGRADATION DE L'ÉNERGIE)
三十四 (野菜の皮) 
三十五 (青い花の記憶)
三十六 キヅタの葉 (LES FEUILLES DE LIERRE) 
三十七 (蚕の話)
三十八 ダーウィンに従って (SELON DARWIN)
三十九 葡萄の木の波 (ONDES DE VIGNE)
四十 ダーウィンの魔法  (MAGIE DE DARWIN)
本文(41~50)
四十一 自然の力(労働) (LES FORCES NATURELLES(TRAVAIL) )
四十二 帆船の力 (PUISSANCE DU BATEAU)
四十三 馬と犬 (LE CHEVAL ET LE CHIEN)  
四十四 動物の群れ (COLONIES D'ANIMAUX)  
四十五 悲しいマリア (MARIE TRISTE )
四十六 情念の力 (FORCES DES PASSIONS)
四十七 思考と情熱 (LA PENSÉE ET LES PASSIONS)
四十八 ドン・ファン (DON JUAN)
四十九 剣の舞 (LA DANSE DES POIGNARDS)
五十 楡の木 (LES ORMEAUX)
本文(51~60)
五十一 雄弁 (DÉCLAMATIONS)
五十二 慰め (CONSOLATION)
五十三 勝利 (VICTOIRES)
五十四 行動する人間 (HOMMES D'ACTION)
五十五 ジムは競馬で賭ける (JIM PARIE AUX COURSES)
五十六 商売 (COMMERCE)
五十七 (熟練した販売員)
五十八 雨の中で  (SOUS LA PLUIE)
五十九 戦争だらけ (LA GUERRE PARTOUT)
六十 礼儀作法  (SAVOIR-VIVRE) 
本文(61~70)
六十一 盲目の愛とは? (AMOUR AVEUGLE ?)
六十二 家庭で (EN FAMILLE)
六十三 (船に乗り遅れた人)
六十四 (情熱の言葉)
六十五 (自殺)
六十六 恐怖心 (LA PEUR)
六十七 同情に反対して (CONTRE LA PITIÉ)
六十八 恋人ザディーグ (ZADIG AMOUREUX)
六十九 酩酊者たち (DES IVROGNES)
七十 (他人の苦痛)   
本文(71~80)
七十一 裸婦たちと豚 (LES FEMMES NUES ET LE COCHON)
七十二 (恐怖と宗教)
七十三 (ジジェの指輪)
七十四 園芸と教育学 (JALDINAGE ET PÉDAGOGIE) 
七十五 (理性)
七十六 (職人の仕事)
七十七 子供たちの庭 (JARDINS D'ENFANTS)
七十八 (最も愚かな本)
七十九 蓄音機  (LES PHONOGRAPHES)
八十 蒸気機関車を愛すること (AIMER LES LOCOMOTIVES)
奥付
奥付