葉子、と。

葉子、と。

状態 完成
最終更新日 2013年10月26日
ページ数 PDF:333ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

葉子と亨の生活。近所の人たちや友人たちと日々は淡々と何事もなく過ぎていくようです。…本当に何も起きていない?

目次
序1・自転車
序2・届けを出す日
目次
石鹸
チノパン
一応、ぼくの母ですから
ケータイgoes on
Here,there and everywhere
屋根裏さんちゃん
マリア
あかるくて、洗われていて
爆風
バックシートの狐
金柑
日曜日
贋伊万里の上には
背中
足音
ブヴァリア,ブヴァルディア
朝は神 昼は人間 夕されば獣に近き心悲しも
梅ジャムと薔薇を吸う象
街に、黄色
つばめ
Tatoo
空へ、音が
はぶらし
歌姫
トタンの壁、金木犀の壁
石榴の樹の下で
しゅんしゅんしゅん
Love Is Blindness
月曜日の朝食会
ただいま
とおりゃんせ
ほらっ、こっちだよ
おいしい土
明星
ひよ
桜を持って
弥勒
きゃらぶき
楠の流れる
微笑
雨にぬれても
宝石
スワロウ・テイル
私の/放浪する/半身
夏の終わり
ぎゃあてえぎゃあてえはらぎゃあてえ
きれいな おでこに
観察
Cherry Sage,Purple Sage
夜は散歩者
冬が駆け足で
その70円について
ぐんじょう組
妙心寺の狸さん
氷点下の「御札」
兆し 
花をどうぞ
春を告げるもの
花信
アンダンテ
よく晴れた4月25日に
緑の眼
雨があがったら
隠せない傷
お祭りの日に
夕立兄弟会社
発芽
金木犀
うつくしい日
ありがとう
あとがき
奥付
奥付