報告書


著: hikali

報告書

著: hikali
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:8ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 視界のきかない絶望的な闇夜。
 無力感が、狭っ苦しい夜の全てに思えた。
 何もかもを否定するような、暴走を始めた巨大な建造物のうなり声に、化学繊維のフードがびりびりと揺れる。雨の喧しさに混じって、第一級管理区域を示す赤と黒のフェンスがガチガチと鳴く声が聞こえるのに気付き、自分の脚が臆病で震えているのではないのを知った。都市が振動している。